私が自分自身の結婚式で引き出物として選んだのは、アニバーサリーのパウンドケーキです。

アニバーサリーのギフト

私の結婚式は、レストランウェディングでした。引き出物はたいていテーブルの下に紙袋に入れて置いておくことが多いと思いますが、私が式を挙げたレストランでは、こんな風にテーブルの上に置いてくれました。手前のお花は、膝掛けクロスを留めているお花です。

アニバーサリーのギフトはラッピングがシンプルで素敵なので、テーブルコーディネートにもなってとても良かったです。

アニバーサリーとは

アニバーサリーは、ウェディングケーキと記念日の洋菓子専門店です。
東京都港区南青山、東京都新宿区早稲田、札幌市中央区に店舗を構えています。

今ではケーキカットのケーキは食べることができるのが当たり前で、新婦が新郎にカットしたケーキを食べさせるファーストバイトも定番ですよね。しかし、アニバーサリー創業時の1990年頃には、ウェディングケーキといえば食べることのできないイミテーションでした。

そんなイミテーションケーキに違和感を覚え、美味しくて美しい、食べることの出来るウェディングケーキを作り始めたのが、アニバーサリーです。

アニバーサリーのウェディングケーキは本当に可愛らしくて美味しそう。素敵なケーキです。ぜひホームページ(アニバーサリー)でご覧になってみて下さい。

引き出物で知った、アニバーサリーの美味しさ

幸いなことに私の住んでいる札幌にはアニバーサリーの店舗があり、引き出物として提携している式場もあります。そのため友人の結婚式でアニバーサリーのプチギフトを頂く機会がありました。初めて食べたときとても美味しかったので、アニバーサリーの名前が印象に残りました。

私はプチギフトや引き菓子でアニバーサリーを頂くと、「わあ、アニバーサリーだ!」と嬉しくなります。
見た目にもとても可愛らしい、美味しいお菓子です。

私が引き出物にアニバーサリーを選んだ理由

私は結婚した当時、こだわりの引き出物を探そうという気持ちはありませんでした。色々な引き出物商品があることを知らなかったのです。

そこで、式場から渡された引き出物カタログの中から選択しました。

夫が「後に残らないもののほうが邪魔にならなくていいと思う」という意見だったので、食器や名入れの商品などは避け、美味しい引き菓子1点にしようということで選びました。(私の住んでいる北海道では、引き出物は1点だけが普通です。)

私が選んだ時にはパウンドケーキが4種類(たしかチョコ、マーブル、紅茶、キャラメルだったと思います)あって、その中からランダムに渡すようにしました。家族で出席されている方には、一人一人違う味になるようにしました。

私もチョコレートのパウンドケーキを食べてみましたが、とてもチョコレートが濃厚で、薄く切った一切れで十分満足できる味でした。毎日少しずつ切り分けてお茶と一緒にゆっくり楽しめるケーキです。

贈った友人からも、「とっても美味しい!毎日少しずつおやつの時間に楽しんでるよ!」とメールをもらいました。

ご購入は、アニバーサリー公式オンラインショップから

アニバーサリーの引き菓子は、アニバーサリーの公式オンラインショップ(アニバーサリー)から購入することができます。

ホームページ右上の「WEBブライダルカタログ」をクリックすると、引き菓子やプチギフトのカタログを見ることができます。

私が購入したのは「木箱のケーキ」(¥1,050(税込み))です。(私が購入したのは7年ほど前なので、味の種類などは変わっています)

今改めて見てみると、こんなに美味しくて木箱入りで、ラッピングの素敵な引き菓子が¥1,050とは、とてもお得な価格設定だと思います。

引き出物持ち込み料は応相談

更に嬉しいことに、引き出物持ち込み料の一部をアニバーサリーで負担してもらうことができます。
負担の金額について明記はありませんが、直接電話にて対応して頂けます。

引き出物持ち込み料が発生する場合には、相談してみてください。