治一郎

大きくてフワフワ!大人気の「治一郎のバウムクーヘン」の、意外な食べ方をご紹介します!

※治一郎について詳しくは、こちらの記事をご参照下さい。→楽天ランキング1位!治一郎のバウムクーヘンを食べました!

食べ飽きちゃう、バウムクーヘン

年輪の模様から縁起の良いお菓子とされ、結婚式の引き出物に人気のバウムクーヘン。誰にでも好まれ、日持ちもするため贈り物にお勧めのお菓子です。

治一郎やクラブハリエ、ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベなど有名店の美味しいバウムクーヘンもたくさんあります。食べ比べてみると、それぞれに食感や味が違って奥の深いお菓子です。(→美味しいバウムクーヘンを探そう!引き菓子にお勧めのバウムクーヘン

治一郎
でも、卵と砂糖のシンプルな味なので、沢山食べると食べ飽きてしまうこともありますよね。

例えば治一郎のバウムクーヘンは、高さ8センチの巨大バウムクーヘンです。

とっても美味しいのですが、大きすぎて食べきれない方もいるのではないでしょか。

そんな時にお勧めの、新しい食べ方を見つけたのでご紹介します!

バウムクーヘンの新しい食べ方

治一郎のバウムクーヘンの新しい食べ方は、この本に載っていました。

この本はバウムクーヘンに関する本ではありませんが、治一郎のバウムクーヘンについて面白い記載があったので、ご紹介しようと思います!

大人のバースデイパーティーにバウムクーヘンを

「シンプルなバウムクーヘンを、もっとみんなに食べてもらうためにはどうしたら良いだろうか?」とバウムクーヘン店では日々、色々なアイディアを考えているようです。

そんな中、「治一郎」を販売している株式会社ヤタローでは、「大人のバースデイパーティーにバウムクーヘンを」というアイディアを社内で試したことがあるそうです。

キャンドル

バウムクーヘンの中心には、ちょうど良いことに穴が開いています。ここにピッタリの大きさのキャンドルを入れると、バウムクーヘンがバースデイケーキに。

もともとバウムクーヘンの本場ドイツでは、バウムクーヘンは誕生日などのお祝いごとの時に食べるそうです。日本では誕生日にベウムクーヘンを食べる習慣はありませんが、キャンドルを灯して周りに生クリームやイチゴを飾ったら、立派なバースデイケーキになりそうですね!

バースデイ・ホットバウムパーティ

このバウムクーヘンをバースデイケーキにしようという株式会社ヤタローの実験で一番人気だったのは、キャンドルを吹き消した後のバースデイ・ホットバウムパーティーだったそうです。

「でも、結局一番受けたのは、部屋を暗くしてこのフローティングキャンドルでセレモニーをやった後、切り分けたバウムクーヘンをみんなでホットプレートで焼いて食べる”バースデー・ホットバウムパーティ”だったんだ」

ホットプレートパーティ
(イメージ)
焼き肉パーティのように、皆でバウムクーヘンを焼いてわいわいと食べる。

これがとっても盛り上がったそうです。

焼き菓子をまた焼くなんて、斬新です。

「『治一郎』のバウムクーヘンは油脂分が多くてしっとりジューシーなのが”売り”なんだが、だからホットプレートでそのまま焼くと表面がかりっとして、いつものバウムクーヘンとはひと味違った味になるんだ」

バウムクーヘンをただ焼いただけではなく、色んなディップソースを用意して味の違いを楽しんだそうです。

飽きたら試してみよう!ホットバウムパーティ

大きなバウムクーヘンを頂いて、「ちょっと食べ飽きちゃったな」という時にはホットバウムパーティを思い出してみて下さい!

新しい味の発見ができてきっと楽しいですよ。私も今度やってみようと思っています!

美味しいバウムクーヘンのレビュー記事一覧

当サイトでご紹介している、美味しいバウムクーヘンのレビュー記事一覧はこちら!→美味しいバウムクーヘンを探そう!引き菓子にお勧めのバウムクーヘン