婚姻届

婚姻届にまつわる思い出、皆さんはありますか?結婚式が済んでから、これから提出するという方が多いかもしれませんね。

婚姻届の思い出

私の場合は、結婚式が無事に終わった次の日に婚姻届を提出しました。

夫と二人で区役所へ行き、提出しました。受け取った職員の方が「おめでとうございます。」と言ってくれたことだけ覚えています。とても事務的であっさりとしたものでした。

提出したら戻ってこない婚姻届

婚姻届は、提出したら手元には戻ってきません。提出してそれっきりなので、その時の気持ちや思い出はどんどん薄れていってしまいます。

私の記憶もかなり薄れていってしまいました。しかしもし手元にコピーが残っていたら、目にする度に当時の気持ちを思い出すことができるのではないでしょうか。

それを実現したのが、北海道・東川町の「新・婚姻届」です。(ホームページはこちら→東川町役場 新・婚姻届

新・婚姻届とは

北海道・東川町の「新・婚姻届」は、複写式で提出しても控えが手元に残る、新しいタイプの婚姻届けです。二人の思い出づくりに活用してみてはいかがでしょうか。

複写式なので、1枚が手元に残る

東川町の新・婚姻届は、素敵な台紙の上に置かれた、複写式の2枚組の婚姻届になっています。
提出するのは1枚のみで、複写したもう1枚は台紙と共に手元に残ります。

メッセージシートに二人の思い出を記入できる

更にメッセージシートが付いているので、二人の記念写真を貼り、メッセージを記入して台紙のポケットに保存することができます。

封をすれば二人の大切なタイムカプセルに

婚姻届とメッセージカードを納めた台紙は、テープで封をすることができます。ずーっと大切に、タイムカプセルのように自宅で保管することができます。

封をせずに、いつでも眺められるようにしておくこともできます。

役場職員による写真撮影のプレゼントも!

東川町で入籍すると、夫婦になった瞬間の写真を撮影してプレゼントしてくれます。また記念のメッセージシートにメッセージを残し写真と共に「写真の町」東川文化ギャラリーに保存されます。

ギャラリーに保存されているからには、末永く幸せな結婚生活を続けないわけにはいかなくなりますね!

新婚旅行先で、婚姻届けを!

婚姻届は、日本全国どこの役所でも提出できます。自分が住んでいる市区町村役場に提出しなくてはいけない、という決まりはありません。

東川町役場は、北海道の有名な観光名所、旭山動物園から車で20分の距離です。新婚旅行で北海道に行って、東川町で婚姻届けを提出する、というのも面白いですね!

※婚姻届の提出に必要な書類など、詳しくは東川町役場のホームページをご確認下さい。→東川町役場 新・婚姻届

東川町の他にも、個性的な婚姻届を実施している市町村があります。興味があればインターネット上で「新・婚姻届」を検索してみて下さい!