引き出物にまつわる雑記

サムシングブルーって何のこと?花嫁に幸せを呼ぶ4つのサムシング

青いリボン

「サムシングブルー」という言葉をご存知でしょうか?結婚の準備をしていると、たまに耳にすることがあると思います。

お恥ずかしいことに私は「綺麗なスカイブルーのこと」だと思っていました!最近やっとその意味を知ったのでご紹介したいと思います。

花嫁を幸せにするサムシング・フォー

サムシング・フォーとは、欧米に古くから言い伝えです。結婚式で「4つの何か(サムシング・フォー)」を身に付けると、花嫁が幸せになれるというものです。

「4つの何か(サムシング・フォー)」は以下です。

何か新しいもの(サムシング・ニュー)

これから始まる新生活の象徴として、何か新しいもの(サムシング・ニュー)を身に付けます。

新しい下着、新しい靴、新しいハンカチなどが当てはまります。また、結婚式で初めて着るドレスやベール、手袋なども当てはまります。

意識しなくても、結婚式では何らかの「何か新しいもの(サムシング・ニュー)」を身に付けていそうですね!

今思えば、私の場合はウェディングドレスの下着として購入したビスチェが「何か新しいもの(サムシング・ニュー)」でした。

何か古いもの(サムシング・オールド)

祖先から受け継いだ富の象徴として、家に代々伝わるものを身に付けます。

ブレスレット
祖母や母から受け継いだアクセサリーや手袋などが当てはまります。

祖先から受け継いだもの、なかなか難しいですよね。

私が結婚式を挙げた時は、サムシング・フォーについて何も知らなかったので「何か古いもの(サムシング・オールド)」はひとつも身に付けませんでした。

もし知っていたとしても、当時身に付けられる「何か古いもの(サムシング・オールド)」は何もなかったと思います。

何か青いもの(サムシング・ブルー)

花嫁の純潔の象徴として、「何か青いもの(サムシング・ブルー)」を身に付けます。

青いブーケ
ブーケの中の青いお花や青いリボン、ハンカチ、靴、アクセサリーなどが当てはまります。

欧米では、青は幸せの象徴であると同時に花嫁の純潔を表すと考えられています。

そのため「何か青いもの(サムシングブルー)」は人目につかないよう身につけるのがいいとされ、ガーターベルトに青のリボンを飾 るのが一般的です。

日本では、「何か青いもの(サムシング・ブルー)」は幸せを呼ぶアイテムとして考えられています。ブーケのリボンなど、結婚式に手軽に取り入れられることが多いようです。

私が結婚式を挙げた時は、残念ながら「何か青いもの(サムシング・ブルー)」を身に付けませんでした。何しろ、サムシング・ブルーのことを「綺麗なスカイブルー」(色の名称のひとつ)のことだと思っていましたから。

何か借りたもの(サムシング・ボロー)

結婚をした知人・友人の幸せにあやかって、彼女たちから借りた「何か借りたもの(サムシング・ボロー)」を身に付けます。

アクセサリー
親戚や友人から借りたアクセサリー、手袋、ハンカチなどを身に付けます。

既に結婚して、幸せな結婚生活を送っている人から幸せをお裾分けしてもらうという意味があります。

私が結婚式を挙げた時は、サムシング・フォーについて何も知らなかったので「何か借りたもの(サムシング・ボロー)」はひとつも身に付けませんでした。

日本では「何か青いもの(サムシング・ブルー)」が人気

「4つの何か(サムシング・フォー)」を全て結婚式に取り入れようと思うとなかなか大変ですよね。

「何か古いもの(サムシング・オールド)」は、祖母や母にお願いして何かをもらわないといけないし、「何か借りたもの(サムシング・ボロー)」は親戚や友人にお願いしないといけません。

そこで日本では、手軽に身に付けることのできる「何か青いもの(サムシング・ブルー)」が特に人気となり、結婚式に取り入れる方が増えたようです。

その結果「何か青いもの(サムシング・ブルー)」だけが有名になり、私のように「綺麗なスカイブルーのことを結婚式ではサムシング・ブルーと呼ぶんだ」と勘違いする人がいるのですね。(もしかすると、私だけかもしれませんが・・)

楽しみとして挑戦してみたい、「4つの何か(サムシング・フォー)」

「4つの何か(サムシング・フォー)」を全て結婚式に取り入れようすると手間がかかりそうです。しかし欧米では、家族や親族、友人と一緒に「4つの何か(サムシング・フォー)」を探すことは結婚準備の楽しみのひとつになっているようです。

想像してみると、確かに楽しそうな「4つの何か(サムシング・フォー)」探し。もし興味があれば挑戦してみるのも良い思い出になりそうですね!