【価格】1~500円未満

オリジナル金太郎飴のプチギフト!個性的な飴を作ろう

金太郎飴とは

飴
誰もが知っている金太郎飴。

長ーい飴を作り、切っても切っても同じ柄が現れる、江戸時代から100年以上受け継がれている飴です。

「金太郎飴」は、「金太郎飴本店」という商店の、登録商標です。

江戸時代に職人達が子供の顔をした飴を作り、足柄山が近かったので、「金太郎飴」と名づけたことが始まりです。

どこを切っても同じ柄が現れる特徴的な飴は、現在ではものの例えとしても広く用いられるほど、馴染み深い飴です。「今年の社員は金太郎飴だなー」など、画一的であることの例えに用いられたりします。

オリジナル金太郎飴を引き出物に!

金太郎飴の元祖、「金太郎飴本店」では、オリジナル金太郎飴を作ることが出来ます。絵の得意な新郎新婦なら自分達でデザインしたオリジナルの金太郎飴を、絵が苦手なら自分達の写真の金太郎飴を作ることができます。

新郎新婦の顔写真入りの飴なんて、とても面白いですよね!

注文数にご注意下さい

最低1500粒、¥37,000(税抜き)からの注文受け付けとなります。
5粒入りから好みの数でギフト袋に入れての販売となります。

例えば、15粒入り(100袋)の場合、ひとつあたりの料金は¥370(税抜き)となります。

詳しくは、金太郎飴本店の、オリジナル飴特設ホームページでご確認下さい。