【価格】1~1000円未満

常温保存でも溶けにくい!リンツ(Lindt)チョコレートのリンドールギフトボックス

先日、スイスのプレミアムチョコレートブランド、Lindt(リンツ)のモニタープレゼントに応募したところ、思いがけず当選しました!

リンドールクリスマスギフトボックス
届いたのはこちらのリンドールクリスマスギフトボックス。

とっても可愛いギフトボックスです。

見た瞬間、娘(5歳)と「わあ、可愛い!」とはしゃいでしまいました。

大きめの丸いチョコレート、リンドールの詰め合わせです。

カラフルな包み紙でとても華やか。クリスマス時期の贈り物にぴったりですね!

※ひとつひとつのリンドールの味の感想は、以下の記事でレビューしてます!↓

あわせて読みたい
リンドールチョコの画像
リンツ(Lindt)チョコレートのリンドールを食べ比べ!スイスのプレミアムチョコレートブランド・リンツ(Lindt)のリンドールを食べ比べてみました!見た目にも可愛らしいリンツのリンドールはプレゼントにも良いですよ!このページではその味と食べた感想を書いています。...

リンツ(Lindt)の引き菓子

リンツ(Lindt)では、引き菓子に相応しいギフト商品も販売しています。→【リンツ】ウェディングギフト

でも、チョコレートの引き菓子は溶けないのでしょうか?ちょっと心配になった私は、調べてみました!

チョコレートの引き菓子は溶けるからやめた方が良い?

結婚式場は、室温が暖かいです。引き菓子にチョコレートを選んだら、披露宴の間にチョコレートが溶けてしまったり、2次会で溶けてしまうのではないか、と心配になりますよね。

商品の保存方法についてLindt(リンツ)のホームページで確認してみると、以下の記述があります。(【FAQ】商品について

チョコレートの保存は通常14度~18度が適温となります。冷蔵庫では冷やしすぎ、ブルーミングの原因となり味を損なう場合がございます。高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。

ということは、結婚式場の室温では溶けてしまうのではないでしょうか。結婚式場は、花嫁や来客が薄着のドレスを着ているので、室温が高めに設定されているはずです。18度以下ということはまずないでしょう。

リンツに問い合わせてみました

溶けてしまうものを引き菓子として販売するだろうか?と疑問に思った私は、リンツの問い合わせ窓口に、直接問い合わせてみました。以下がそのやり取りです。

Q: こちらの商品を引き菓子として購入した場合、式場や2次会会場の室温で溶けてしまわないか心配なのですが、どの位の気温まで溶けずに常温保存できますか?

A: 式の間の保管でございますが、24℃前後の室温で4~5時間、式会場内に置いて頂いても問題はございません。

本当に溶けないのか、実験してみました

本当に24℃で溶けないのかどうか、実験してみました。

リンドール耐熱テスト

室温20℃に設定したストーブの前に、リンドールを置きました。上の写真では直接温風が当たっていないので、その後、台を置いて温風の当たる位置に調節し、リンドールを置きました。(写真は撮り忘れてしまいました)

室温は20℃設定ですが、ストーブの前は24℃以上まで上がります。温風に直接当たる状態で、リンドールを8時間放置しました。

8時間後のリンドールは、何の変化もありませんでした。指で触っても柔らかくなっておらず、溶け出す気配もまるでなかったです。

この結果から、結婚式場や2次会会場で長時間、常温に置いても溶けることはないだろう思います。

夏と遠方からの来客、長時間の2次会には避けた方が無難

常温では溶けづらいことが確認できたリンドールですが、夏は外気も高くなります。夏の引き出物としては避けた方が無難でしょう。

また、遠方からの来客がある場合は、持ち帰りの飛行機やホテルでの宿泊などを考えると、溶ける可能性があるので避けた方が無難ではないかと思います。

結婚式後の2次会、3次会が盛り上がることが予想される場合にも、溶けてしまう可能性があるので避けた方が良いでしょう。

この引き出物は、結婚式の所要時間、季節、来客の状況を考えて選ぶのが良いと思います。

とても可愛らしい綺麗なラッピングの、有名店の美味しいチョコレートなので、もらった方はきっと喜んでくれると思います!

Lindt(リンツ)チョコレートの購入は公式オンラインショップから

Lindt(リンツ)の公式オンラインショップはこちらです。→スイスのプレミアムチョコレートブランド 【Lindt リンツ】